[京都府] 
フットボールの基本を指導するとともに、フットボールを通じて規律、協調性、礼儀を身につけさせ、豊かな人間性及び自立した人格の形成に努力する。

情報

[京都府]
公式サイト:http://palfc.net/

クラブ紹介

目的
フットボールの基本を指導するとともに、フットボールを通じて規律、協調性、礼儀を身につけさせ、豊かな人間性及び自立した人格の形成に努力する。


小学生年代での大切さ
サッカー選手としてのピークは25歳から30歳とされていますが、近年のトップクラスのサッカーでは、30歳をすぎて活躍できる選手は非常に少なくなります。
しかし、体力の衰えを除いて見れば、30代を過ぎてもさらに向上し、十分に楽しむことも出来ます。

その意味で、サッカーは40代、50代になっても楽しめるので「生涯スポーツ」という ことができるスポーツです。
そこで、基本技術は、年齢を重ねるほど習得が難しくなりますので、 「小学生時代」に非常に重要なのは、何よりも、ボールを扱うことを中心としたスキルアップできる指導が大切だと考えております。
小学生時代を指導する我々コーチは、子供たちに「サッカーを一生の友」にできる基礎を作れるように努力していきます。


サッカー = 遊び 
最近の子供たちを見ると、何か「教えてもらう」という受動的な姿勢が目立ちます。
塾などと同じような感覚ではいってくるのだと思います。 ここでは「サッカースクール」という名称になっていますが、私たちは 「学校」「塾」ではなく、「遊び場」「楽しい場所」のひとつになれればと考えております。
「遊び」は子供の特権であり、「遊び」のなかから楽しさを見いだします。そして楽しいことにはすばらしい集中力を発揮します。
しかし、今の日本では「遊び」そのものが大きく変化してきています。
室内でのTVゲームや、同世代の年齢だけでの少人数の遊びが中心になっています。
これは「遊び」にとっては大きな危機といえます。

子供が成長していく過程で必要なことがたくさんつまっている「遊び」が危機に瀕しているということは、子供にとっては大変なことです。
ですので、コーチはサッカーを「やらせる」のではなく、子供自身が「やりたい」とおもえるサッカーの本質(遊びの楽しさ)を伝えられるように、最大限、努力していきたいと思っております。


住所

6148289 京都府八幡市美濃山一ノ谷28-1


電話番号


アクセス


地図はあくまで目安です。

 

ページ管理者

運営スタッフ



キーワードからチーム検索

地域

キーワード

mubinメンバーはコチラから

ユーザー名

パスワード

パスワードをお忘れの方はコチラ

ページのトップへ